ホームルーム

ホームルーム一覧勉強だけが学びじゃない
他愛のない繋がり、そこから始まるコミュニケーション
楽しいことがいっぱい

夢の空間

KireiProject 美術室20230606_01

クリスチャン・ディオール夢のクチュリエ展がついに日本上陸でわくわくが止まりませんでしたが…チケットが取れない〜💦

"圧倒的な夢の空間に没入する体験を"とキャッチコピーがあるようにとにかく空間演出がどえらく凄かった!です

いや〜
まったく取れないチケット!!
終了近くにやっとチケットが取れた私でした!(💦💦良かった〜)

あらゆるカルチャーに影響を与えた伝説的なファッションデザイナー
クリスチャン・ディオール
1946年に創設した
クチュールメゾン「ディオール」の創設70周年を機にスタートした
プロジェクトです

クリスチャン・ディオールから
歴代のクリエイティブ ディレクターたちの作品が並び
ディオールクチュールの全貌
そしてディオールと日本との関係をも紹介する内容になっていました🖤
(素敵🖤と思うと不思議とジョンカリアーノのデザイン!でした好みなのね〜)

ブランドの知名度の高さは改めて言うまでもありませんが
日本に最初に進出した
ファッションブランドであることはあまり知られていないかもしれませんね

会場は13の部屋で
ディオールの世界観を贅沢に紹介していく構成でした

"ニュールック"を象徴する
BAR(バー)スーツを中心とした
モノクロームの部屋から始まり

ねぶた祭りに使用される和紙を
大胆に使った
"ディオールと日本"
ディオール歴代の
クリエイティブ ディレクターの作品が個展形式で並ぶ圧巻な空間には時折桜の花びらが舞う(映像)空間に
しばしたたずむ人々が絵になります

クリスチャン・ディオールが
1957年に心臓発作で急逝以後
イヴ・サンローラン
マルク・ボアン
ジャンフランコ・フェレ
ジョン・ガリアーノ
ラフ・シモンズ
そして現在のデザイナーである
マリア・グラツィア・キウリ
そのスピリッツが継承されています
やはりコンセプトがしっかりあるからデザイナーが交代しても
ディオールなわけです!

各デザイナーは
クリスチャン・ディオールが残したものを守りながら
それぞれの解釈で独自の創造性を
クリエイションしているわけです

クチュールをつくるために実際につくられたモックアップが囲む
真っ白な
"ディオールのアトリエ"洋服を
仕立てる際にデザインやサイズを
確認するために試験的に縫製された"トワル"たちは確かなクオリティの集結です

KireiProject 美術室20230606_02

無数の花が刺繍されたドレス
"Miss Dior"を
はじめとする花から着想された様々なドレスが日本庭園を連想させ
天井から下がる藤の花を思わせる
切り絵はまるで香りまでとどけてくれそうな優美さの
"ミス ディオールの庭"

ヴンダーカンマー(驚異の部屋)から着想された
"レディ ディオール"は日本人アーティストが手がけたものでした

どのエリアも圧巻な空間ですが
中でもスケールが際立っていたのは東京都現代美術館の特徴である
地下と上階をつなぐ吹き抜けの
アトリウムを大胆に使用した
"ディオールの夜会"の空間演出は
すごい!凄い🖤足を動かすことを拒みます(離れたくない〜)
夜会に欠かせない
華やかなドレスたちがうっとりするほど素敵なのは当たり前ですが
35体ものドレスが大階段のような
舞台に立ち並び
厳かな音楽
そして時の移ろいを示す宇宙空間は
プロジェクション・マッピングのエフェクトと共に私に見せつけてきます

KireiProject 美術室20230606_03

マリリン・モンローがまとったドレスは星が降り注ぐ宇宙のようなライティング空間に!

虹のようにグラデーションでドレスをはじめとするファッションピースが並ぶ"コロラマ" などなど

最終章
"ディオールと世界"では
世界各地の文化からインスピレーションを得たドレスが並びます

すべての展示室が異なるデザインと表情でボリューミーで
私を包み込むインパクト充分な
空間でした
見学できて本当に良かった〜🖤
ディオールありがとう〜🖤
空気感を感じるだけ感じた1日でした

CATEGORIES

美術室