ホームルーム

ホームルーム一覧勉強だけが学びじゃない
他愛のない繋がり、そこから始まるコミュニケーション
楽しいことがいっぱい

モードの帝王!!

KireiProject 美術室231212_01

「モードの帝王」
没後日本で初の大回顧展開催!
イヴ・サンローラン美術館パリの
全面協力を得て実現したした

当然!行ってきました!!!

非常に繊細にして多作
フレンチ・ファッションの真髄を
きわめながら
苦悩し続けた天才と言われた
イヴ・サンローラン

ほぼ半世紀にわたって
モードの世界に君臨した孤高の帝王

優美なイニシャル”YSL”は
パリ風スタイルの象徴として世界に広まりました
サンローランはスポットライトを
浴びるのを嫌い
インタビューにもめったに応じず
すべてをシーズンごとの
コレクションで伝えようとしていたそうです

強いこだわりと神経質と言う
相反する性質は
クチュリエとしては珍しい感覚で
自ら「常軌を逸した男」と評したそうです

大家クリスチャン・ディオールの
スタッフに迎えられ
ディオール(52才)の急死により
サンローランはなんと!
21歳の若さで後継者となって
鮮烈なデビューを飾ります
ル・フィガロ紙は大見出しに
『サンローランはフランスを救った』と書きたてたそうです

現実離れした
オートクチュールの世界と
身近な
プレタポルテの世界を
股に掛けたいという野望を秘めていたそうです
彼のデザイン画は
男らしさと女らしさが混ざり合い
厳密な仕立てと
魅惑的なディテール
手作業の縫い目と
華やかなシルエットが見事に調和したクリエイションですが
彼のデザイン画が生で見れるのは
やはり感動します🖤

KireiProject 美術室231212_02

さらに
海外で絶賛されたのが
男性用のタキシードを
女性用にアレンジした
“スモーキング”
上流社会で自己を抑えている女性もストリート・ファッションを
エレガントに着こなしたい女性も
満足させるものでした

それら以来
2002年の引退まで約半世紀にわたって世界のファッションシーンを
リードして
サファリ・ルック
パンツスーツ
ピーコート
トレンチコートといったアイテムを定着させるなど女性たちの
ワードローブに変革をもたらした
サンローラン

他にも
美術作品や舞台芸術
そして日本にも影響を受けながら独自のスタイルを確立するまでの40年にわたる歴史を
ルックのほか
アクセサリー
写真をなどボリューミーな展示でした

KireiProject 美術室231212_03

念な事に撮影がほぼNG😢でしたが豪華絢爛な美の世界を
間近で堪能できる貴重な機会でした
帝王の美意識に感謝🖤

CATEGORIES

美術室