COLUMN

コラム

綺齢プロジェクト-Mera-20231205_価値観の変化_01
綺齢プロジェクト-Mera-20231205_価値観の変化_01

2023年…早い!
もう12月ですね

コロナ禍における厳しい時期を
振り返ると
多くの人々が苦難を乗り越えて
互いに支え合いながら新たな強さを見出し新しい価値観を模索して対応してきた私達は凄い!なんて思いながら…
反対に亡くなられた方々には
心から哀悼の意を捧げます
ご冥福をお祈り申し上げます

そして
いまだ終わらない
戦争は人々の命を奪い
破壊と悲しみをもたらしています

生死について考える一年でした

また
異常気象も気になるところです
天気や資源による物価高騰も私達の価値観に変化をもたらしていますね

そんな色々な要因からクローズアップされたワードの1つが
“サスティナブル”なのではないでしょうか?

綺齢プロジェクト-Mera-20231205_価値観の変化_02

サスティナブルとは
環境や社会に良い影響を与え
将来の世代にも良い状態を
維持できることを指します
つまり
資源の節約や再利用
環境への配慮
社会的責任の重視など
長期的な視点でバランスを
保ちながら活動することを
意味したこのワードから
さらに
“SDGs”=持続可能な開発目標
と進化拡大となり
2030年までに世界を
より持続可能な方向に導くための
国際的な目標まで設定されました

17の目標があって
貧困撲滅や教育の普及
クリーンなエネルギーの利用など
世界中が課題に取り組んでいます
これらの目標は
社会
経済
環境 の3つの側面を
バランスよく考慮していく発想です

もちろん私が身を置くファッション業界でも
当然クローズアップされているのが
“サスティナブル”と言うワードです

ファッション業界は
ここ数年多くの変化を経験しました
オンラインショップの凄まじい展開
そこに
コロナ禍のリモートワークの働き方
の変化で快適なルームウェアや
カジュアルスタイルの需要が高まるなど
ライフスタイルの変化による
消費動向の新しい価値観…
そして新しい販売戦略の一つのなったソーシャルメディアの影響力も拡大して
インフルエンサーによるファッションの発信やリアルタイムでの
トレンド情報の共有が業界に影響を与える新しいオピニオンリーダーの出現など著しい変化を経て
コロナが明け始めた今年は
社会的な課題に対するファッション業界の責任やダイバーシティの重要性についての議論も盛んになっています
特に
持続可能性への関心が高まり
多くのブランドや消費者が
環境に配慮した取り組みに注目し始めています
再利用可能な素材の使用や
リサイクルへの取り組み
さらには
エシカルな製造プロセスへの注目が増えているようです

色々な要素が混ざり合い
ファッション業界は
多様性と持続可能性を
重視する新しいトレンドを
築いていく過程にあるように感じられます

ファッション業界は
新しいイノベーションや
持続可能性への関心も高まり
環境に配慮したファッションや
リサイクル素材の活用している
ブランドへの関心
また
オンラインでの販売や
バーチャル試着などデジタル体験が重視されるようになっていく事でしょう
より包括的な多様性を
反映したトレンドなど
さらなる進化が期待できると思います!!

綺齢プロジェクト-Mera-20231205_価値観の変化_03

夢と希望のファッション業界である為に!

来年もファッション業界は
消費者の考えを反映する鏡として
注目を浴び続けることでしょう

関連記事一覧