COLUMN

コラム

綺齢プロジェクト-Mera-20230801_01

2023年7月6日、「スレッズ(Threads)」という新しいSNSアプリがサービスを開始しました!ね

そもそも今ライフスタイルの一部と言っても過言ではないSNSたち
そんなSNSどこまで理解して活用していますか?
とは言え私自身も危うい状態なのは言うまでもありませんが…💦

綺齢プロジェクト-Mera-20230801_01

SNSは
人々がインターネットを
通じてつながり情報を
共有しコミュニケーションするためのプラットフォームで
主要なSNSプラットフォームにはFacebook
Twitter
Instagram
YouTubeなどなど色々ありますね

SNSの特徴といえば
世界中の人々を繋ぐため地理的な制約を超えて友人&家族&同僚などと
簡単にコミュニケーションが取れグローバルな感覚でしょうか?!

そして
写真や動画やテキストなどのコンテンツを投稿して
他のユーザーと共有することができることにより個人のアイデンティティを表現して趣味や興味を共有する事も出来ます

SNSは技術の進化とともに常に変化していて新しいプラットフォームや機能が登場しています💦💦
使いこなす前に次なる試練!!は私だけではないはず💦😓

マーケティングを指導する立場でありながら…
なんとなく各SNS投稿している自分に反省する為に今回は整理しておきます😥

綺齢プロジェクト-Mera-20230801_02

先ずはコロナが騒がれ自粛生活の中始めたFB(facebook)です

フェイスブックは
2004年に設立されたアメリカの会社で世界中の人々がインターネット上でつながり情報を共有することを可能にするソーシャルネットワークサイトです
ユーザーは個人的なプロフィールを作成し友達や家族とつながり写真や動画などのメディアを共有することができます (…とNet調べ)

“めらかよこ”でアカウント

ホームの他に
グループと言う共通の趣味や関心事を持つ人たちとプライベート・グループを作成し情報交換やディスカッションをすることができます
(もうすぐ600人〜)

“ホームルーム”のアカウント

その他
ページと言う企業やブランド
著名人などが自分たちのページを
作成してファンや顧客とつながることができるものです

“綺齢プロジェクト”のアカウント

投稿はしているものの
もっと効率よく活用せねばなりませんね…

インスタグラムは
写真やビデオを共有するソーシャルネットワークアプリケーションで
24時間のみのストーリーズや
ハッシュタグ機能を駆使して
“映え”なるクオリティのある画像&動画が特徴的ですね
簡単に言えば実践系ノウハウをまとめる!って感じかしら!

“学校便り”のアカウント

“4concept room4″のアカウント

YouTubeは
Googleによって所有&運営されているオンライン動画プラットフォームでユーザーは無料でアカウントを作成し動画をアップロード&視聴&共有することができるのは定着していますね
YouTubeは
広告や有料コンテンツなど
収益化が目立ちますね
チャンネル登録やいいね!などの機能も有名ですね
世界中で人気があり多くの人が楽しんで利用しているオンライン動画プラットフォームです

“綺齢プロジェクト”アカウント

綺齢プロジェクト-Mera-20230801_04

そして今熱いとされているのが
TikTokですかね
15秒から60秒程度の短い動画を
作成し共有するソーシャルメディアプラットフォームです
このアプリは
音楽・ダンス・コメディ・美容・フード・アニメ・DIY・動物など
さまざまなカテゴリーの短いビデオを提供しています
若い世代を中心に急速に人気が出ていて世界中で数億人のユーザーが利用しています
アプリはユーザーが簡単にクリエイティブで楽しいコンテンツを
共有できるプラットフォームで
今後ますます多くの人々が利用することが予想されています

ならばとりあえず!!
@conceptroom_のユーザー名で
始めてみましたwww

そしてTwitterの文字多めバージョンが今回のスレッズですかね
やはりTwitterはつぶやき
スレッズは話しかける!
質問する!考えてる事をそのまま語る!そんな風に私は認識しましたよ

ならばこちらもとりあえず!!

“スレッズ”のアカウント

綺齢プロジェクト-Mera-20230801_03

いやはや時代を感じるとは
こう言うことでしょうかね?
あとはキチンと理解して活用できたら満点💯ですね
しかしながら実に難題である事は
間違いないのですが
そんな中
画像加工や動画編集やエフェクトなどサポート出来るまでになり
現在コンセプトなどの授業以外に動画編集などの授業のコンテンツも増やせましたよ!!

とりあえず今の価値観に対応した事で問題点と新しいコンテンツが出来た今日この頃であります
むしろ動画編集の授業のニーズが多くてビックリ!これも時代なのですね (あくまでも個人の感想です)

関連記事一覧