COLUMN

コラム

Kirei Project Column 20220703_ファッション革命アイビー_MPress_01

Kirei Project Column 20220703_ファッション革命アイビー_MPress_01

少しメンズにも目を向けると
60年代の日本と言えば
池田勇人の所得倍増計画に
代表されるように
高度経済成長が推し進められていた時代です
そして
日本のファッション界
特にメンズ達にも大きな変革というかさまざまなムーブメントが
巻き起こり盛り上がりを見せていました
例えば
"みゆき族"

1964年の東京オリンピックの年に
銀座のみゆき通りや並木通りに
たむろする特徴的なファッションの若者たちが現れ
こう名付けられました
ボタンダウンシャツ
ショーツにローファー
彼らの間で流行っていたのが
"アイビールック"です
カジュアルファッションとして
VANの社長が持ち込んだのは
あまりに有名な話
オシャレに興味があるものの
どうしたら良いのかわからない彼らのお手本になったアイビールックは爆発的な流行を!
当時としてはファッション革命だったはず!
そして
VANの紙袋を持っていることが
オシャレの象徴とされていました
カジュアルファッションの仕掛けとしては大成功ですね
メンズマーケットにおいてカジュアルが定着すろのに時間は掛からなかった事でしょう
何故ならそれまで日活映画がカッコいいスタイリングだったのだか
その後ビートルズが来日し
今度は彼らの"モッズ"
ファッションが日本でも注目されるようになりました

当時のモッズと言えば
細身のスーツスタイルが一般的で
3ボタンのジャケット
スリムパンツ
タイやブーツというように
比較的エレガントなスタイルが一般的でした
きれいめモッズ
カジュアルモッズ
ヒッピー
サイケ
と日本でも色々なスタイリングを
メンズ達は着こなしてきたわけです
日本がいかに海外の文化を積極的に取り入れてきたかということが
分かります
文化のグローバル化は
経済のグローバル化より
早く進むのですね

関連記事一覧